東亞寫眞タイムズ

お彼岸

お彼岸のおはぎ。 お彼岸でなくても、おはぎは大好きで年中食しております。 60mm f2.4マクロで撮ってみました。美味しそうに見えるでしょうか? 

 

少し湿っぽい話になりますが、おはぎを見ると亡き家族を思い出します。父母と弟です。お皿に盛ったおはぎを家族みんなで食べた日の思い出。弟は小学校に上がらないうちに世を去りました。おはぎを手づかみで食べ、あんこだらけになった幸せな顔を今も忘れることができません。

 

6人家族は半分になり、またそれぞれ家庭を持ちました。 いろんなことがあり、波乱万丈の人生にはなりましたが、元気でまっとうに生きていることが亡き人々への供養であり、ご先祖の恩に報いることだと・・・・「バカタレ!そんなのどうでもいいから、さんざん迷惑かけたみなさんにお詫びしろ!」と、母の怒声が聞こえてまいりました。 あの世で会ったら、懐かしの顔面平手打ちを食らいそうで怖いです。(痺れるような痛みが当分残ります) というわけで、あの世には行きたくありません。 合掌

 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク