東亞寫眞タイムズ

自粛は美徳?

被災者の皆様に遠慮して、いろいろな楽しみを自粛することが美徳か礼儀のように考える人が結構おられます。日本人の多くが仏教徒だからかもしれません。ずっと前から計画していた家族旅行をとりやめたとか、レストランでの贅沢食事会を中止など。さらにはテレビの漫才番組が不謹慎だとか。消費を控えたら経済活動の停滞につながり、ひいては被災地への支援に必要な資金を調達できなくなるおそれもあるし、被災者の皆さんもテレビやラジオで震災関連の報道や特番ばかりだったらうんざりでしょう。

笑いも届けてあげたいと思いませんか? 人の生活には潤いが必要です。ここに投稿することもそのひとつではないでしょうか。 現地ではすでにネットが復活しているようです。安否がわからず、心配していた知人からメールの返事が来ました。

 

皆さん、「妻をプロデュースする」を楽しみに観ている人々が被災地にもきっとおられると思います。

災害がもたらした不便な生活に、あなたのヴィーナスが小さな花を落として、被災者や関係者を元気づけて差し上げることがあっても、不謹慎な行為では絶対にありません。ぜひ続けての投稿をお願いします。 自粛は支援、応援とは逆の行為というのが私の持論です。

 

 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク