東亞寫眞タイムズ

撮影の心得

各掲示板に日々投稿される作品の数々、どれも素晴らしく、センス、技能ともに優れた方が次から次へと・・・それに比べて私の写真は進歩がないこと・・・・いやはや赤面しきりです。 それでも毎回見てくださってる方がいらっしゃるとお聞きしまして、大変うれしく、改めて厚く感謝申し上げる次第です。 

 

さて、その進歩に乏しい私が撮影の際に心がけているのは、短時間で済ませる(最大1時間。それ以上かかると、モデルはいつの間にかテレビの前にどっかり。)と、1度にひとつのテーマ(欲張らない。企画倒れになるだけ) モデルに指示、命令するような言動はしない。(低姿勢でお願いしないと、怒って即時撮影中止になるので)の3点です。

 

特に三つ目ですが、以前、街の大きな公園の片隅で、明らかに投稿用撮影を行っているご夫婦(子連れ)を見かけました。ボディコン+ハイヒールサンダルの奥様を、でかい声で「そうじゃないって!」と怒鳴ってるご主人。不安な表情の子供。奥様の表情は困惑と怒りに・・・・。 三脚とアルミケースに、たぶんEOS5D。相当気合い入ってましたが、しかし、怒鳴ってまで写真を撮る必要が・・・。 

 

それから、屋外で撮るとき、もし最適なロケーションが見つからないなら、あっさりやめることにしています。遠出した時でも同じです。天気が悪かったり、思ってたのと違った、つまらない場所だったり。やたら人が多くてチャンスが無かったり。そんな時は「何か食べて、お土産買おうか?」で、おしまい。 投稿のために撮るんじゃなくて、いいのが撮れたら投稿ということにしていました。 以上、何かの参考になれば幸いです。

 

 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク