東亞寫眞タイムズ

The darkness in Asia

昔、よく聞いたセリフで、「香港かマカオに売り飛ばしたろか?」というのがありましたが、実際、日本から売り飛ばされた女性がいるのかどうか疑問です。 香港は何度か訪れましたが、魔窟のような場所は九龍城が解体されて以来、無くなったようです。

あるいは香港島のどこかにそんな怪しい場所がまだあるのかも知れませんが、危険な印象は微塵も感じられず、神戸や横浜を歩いているのと同じような感覚に陥ります。 時と場所は申し上げられませんが、その昔、知人が新婚旅行で訪れた東南アジアの某都市で、新妻が行方不明になる事件に遭遇しております。

僅かな品物を買いに、ホテルから数十m離れた商店に出かけたまま、忽然と姿を消し、以来30数年経った現在も消息がわかっておりません。 彼女はアジアの闇に吸い込まれてしまったのでしょうか。 

 

こういうケース、国内で起こったとしても、警察の捜査対象になるのは困難なように思います。身代金要求があったり、血痕や争った跡など、具体的証拠がなければ警察は動きません。それでなくても失踪人は大勢いるのですから。 現地警察は「見つかったら連絡するので、日本の連絡先をここに英語で記入して」とだけ言い、それ以上はとりあってくれなかったそうです。

 

真実は永遠に闇の中。 どこかで平和に暮らしておられることを祈るのみです。

 

 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク