東亞寫眞タイムズ

鄧麗君

鄧麗君(テン・リーチュン) ご存じと思いますが、日本ではテレサ・テンとして有名な歌手です。

気管支喘息の発作が原因で世を去ったと聞いております。享年42歳。訃報を聞いた時、とても悲しい気持ちになりました。

彼女の曲で好きだったのは、母国語で歌った「何日君再来」と「月亮代表我的心」、です。日本語だと「ふるさとはどこですか」がお気に入りでした。ふっくらと愛くるしい顔だち。ビロードをこするような高音のセクシーボイスがたまりません。

 

「何日君再来」は中国語で歌えるようになりたいと思いましたが、発音が無理。フーリーチュンンツァイライと聞こえるのですが、知り合いの中国人の前でこのくだりを歌ってみたら「違う」と言われました。意気の吐き方、吸い方があるようです。

 

中国語圏はほとんど行きましたが、中国本土、香港、マカオ、シンガポール。それらの国々で鄧麗君を知らない者に会っていません。そんな大スターは亡くなる前年に訪日、NHK番組のステージに立ち、「夜来香」を歌唱しましたが、往年の輝くアジアの歌姫はそこになく、まったく精彩を失い、実際の年齢より10も老けて見え、声も全然出ていませんでした。そのショックは忘れられません。非常に個人的な意見ではありますが、日本に定住して活動していたら、彼女はもっと幸せで、長生きできたような気がします。

 

私はオールバックのショートヘアーにスーツ姿で歌う彼女が一番好きでした。また、「テレサ・テン」よりも「鄧麗君」という名のほうが、はるかに素敵だと思っています。

 

画像は本題と全然関係ありませんが、香港ノワールみたいな感じで。 

 

 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク