東亞寫眞タイムズ

昭和の遺産

ヤマハXS650をご存じの方、多数おられると存じます。最初はXS-1という名称で1970年に発売されました。

4サイクルSOHCのバーティカルツイン搭載。ヤマハ初の4サイクルエンジンでした。これは想像ですが、英国のトライアンフに範を得たモデルと考えています。

カワサキW1はBSAにそっくりで、メグロ時代から英国の香りを漂わせていました。

 

私はこのXS650もW1も一時期所有したことがあります。XS650のインプレッションを申し上げますと、車体剛性が弱く、特にフロントフォークが軟弱で、ねじれが発生しているような感があり、高速のコーナリングでは危険を感じるレベルでした。剛性ではW1の方がはるかに上だったと記憶しております。

 

おそらく、速度80km/h以下でのんびり走る分には問題なかったと思います。どちらにせよ、この排気量で2気筒だと振動が大きくなるので長距離は非常に疲れましたが。 余計ですが、彼女を後ろに乗せたら振動で逝ってしまったという与太話もあります。

 

写真のXSは長期間放置されていて、もう動く状態ではありませんが、ナンバーがまだ付いています。何らかの事情で処分されることなく時が経ったのでしょう。目を閉じるとエクゾーストノートが聞こえてきそうです。「ドドドド・・・」 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク