東亞寫眞タイムズ

Encounter

最近、職場のアラフォー女史(シングルマザー)から聞いた話。彼女は新たな人生の伴侶を求めて婚活中。幾人かの候補者とコンタクトしました。その中の40代男が大卒にて中堅企業勤務。収入安定、親の介護義務負わずという好物件。

順調に何回かのやりとりの後で「会いたい」と言って来ました。しかし、仕事と子供の世話で時間がとれません。「そのうち時間空いた時に」と断ったら、しつこく誘って来るようになり、日に何度もLINE。「しつこいようだが、明日はダメ?」と言ったような感じ。不安になった彼女は私に相談。

 

どういうつもりなのか?・・・ヤリたいだけだよ。と、回答。 しかし、拙劣な口説きです。ふつうの女性とお付き合いしたかったら、ヤリたいモードは厳禁です。あくまで紳士を装い、性的な興味はおくびにも出さず、清廉潔白+器の大きな男を演じることです。話題は趣味や旅のこと、最近観た映画等々。そして何より大切なのは忍耐。ヤリたい気持ちを抑え、機が熟すまでじっと我慢。断っておきますが、これらは有識者からの受け売りです。くれぐれも誤解無きよう。

 

それから、もし幸運にもデートにこぎ着けたら、身なりを整えて出かけ、出費をケチらない。特にお金に関しては、相手が割り勘にしようと言っても譲らないこと。フードコートやファミレスでの食事は避け、中クラス以上のそれなりの店を予め探しておきましょう。一番嫌われるのがケチ、その次が不潔、ダサい服装と続きます。 これらも有識者からの受け売りです。

 

では、素敵な出会いがありますように。dscf5415

 

 

 

 

 

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク