東亞寫眞タイムズ

一期一会

もう10年以上も前に撮影した1枚。夏の日の遅い午後、誰もいない競技場でした。自分で撮ったので、これは妻であるとわかっておりますが、もしも他人が撮っていたら気づかなかった。つまり他の女性だと認識したでしょう。長年共に暮らしていて気付かなかった妻の別な一面に出会ったのです。この時は何枚も適当に撮ったのですが、その中に混じっていたのをPCで再生してから見つけました。

しかし、二度と会えない「瞬間の姿」でもあります。再び相見えんと試みたものの、駄作を量産したに過ぎず、本人に嫌がられる結果となった次第です。

 

dsc_0174

 




ブログ・お知らせ

リンク

リンク