東亞寫眞タイムズ

続コンデジ考

いつも持ち歩いてるのはソニーRX100初代モデルです。2012年発売。今も新品が購入できます。RX100は最新の7代目が2019年発売ですが、24ー200mmズーム搭載にて至れり尽くせりの各種機能満載。14万円もする超高級コンデジに進化しています。当然ですが、私ごときには手が出る値段ではありません。

 

このRX100はたしか二年前に10000円程度で買ったように記憶しております。外観は新品同様、しかしセンサーにゴミが付いてて50mmを超えると写り込むという難有品でした。しばらく息子に貸している間に自然にゴミはとれたようですが、今度は「電源を入れ直してくさい」のメッセージ頻発。おまけに振動を与えると電源が落ちるという現象発生。修理に出すと高額(2万7千円)冗談じゃない。ネットで調べた結果、筐体をバラして基盤の銅ねじを締めたら治るとか。とりあえずやってみました。すると嘘のように回復。儲けた気分です。

1インチセンサーにf1.8スタート28-100の明るいズームレンズは非常に美しい画像が撮れます。

もちろん妻撮り投稿用にも最適。「投稿したいけどカメラが・・・お金もあんまり出せないし・・」と躊躇されてる方に強くお勧めです。中古2万円以下で入手可能。




ブログ・お知らせ

リンク

リンク